ヨーロッパ建築様式のバロック

国内の旅行なら国内旅行ツアー案内マップサイトがオススメ!

世界各国に様々な建築様式があります。
近代の始まりは、ヨーロッパになりますが、建築おいて世界中に広がったものとしては、モダニズム建築になります。
代表的なものが、鉄筋コンクリート造りであり、世界のどこにでも、建設されていることは、ご承知のことでしょう。
もっとも、モダニズム建築は、ヨーロッパの世界進出が、なお進行していった結果とも言え、功罪ありながらも、今日の言葉にすれば、20世紀初頭の国際化の動きのゆえ、と言えるでしょう。
日本においても、明治の世の中に、モダニズム建築が伝わり、そうして、太平洋戦争以後になって、その動きが加速されました。
けれども、日本史を紐解けば、寝殿造や書院造、あるいは、庶民の手になる合掌造りなどの建築様式が誕生し、明治維新前には、隣国中国の影響があるとはいえ、日本独特の建築様式を産み出しました。
これは、どの地域にも言えることであり、隣国同士の交流等により、色々な建築様式が産み出され、そうして、今日に至っています。
世界進出を始めたヨーロッパにおいても、この流れに変わりはありません。

このサイトでは、そんなヨーロッパに焦点を当て、お話しています。
中でも、バロック建築に特化し、様々な角度から話題を提供しています。
バロック建築は、16世紀に産み出された建築様式であり、ルネサンスの産物と言えます。
ルネサンスは、人間主義の現れた文化運動と言われていますが、一方で、古典の復興期でもあり、クラシック時代との別名も冠されています。
バロック建築には、そういう時代の息吹が吹き込まれているとも言えるでしょう。
ヨーロッパの礎は、先史にはケルト、古代にはギリシャ・ローマが形作ったと言われています。
果たして、バロック建築には、どのような特徴などがあるのでしょうか?
ここでの記述が、皆さんのお役に立つようであれば、作成者として、誠にうれしい限りです。

マルわかり!海外旅行ツアー.comならオススメの海外旅行ツアーがわかります